皮膚のバリア機能を高める為には?


アトピーの症状を少しでも軽くする為には、弱っている皮膚のバリア機能を高め、正常に保つことがとても重要になってきます。バリア機能を高めることで外からの外的刺激の侵入を防ぎ、かゆみや発疹を和らげることができるのです。それでは、その皮膚のバリア機能を高める為にはどのような対策をした方が良いのでしょうか。

バリア機能を高める為には3大保湿因子をしっかりと自分の肌に補うことが重要です。その3大保湿因子とは、天然保湿因子・セラミド・皮脂の3つになります。天然保湿因子は肌の奥底にまで水分をしっかりと補い内側から水分を補うことです。成分としてはアミノ酸などが挙げられます。セラミドは天然保湿因子で補った水分を保つ役割をしてくれて、皮膚内にある角質細胞の隙間に水分を配給し、潤いを持続させることができます。皮脂は補った水分を体外に逃がさないような役割をしてくれます。肌の表面に皮脂膜を作り更に強化し、水分の蒸発を防いでくれます。成分で言うと皮脂の成分に似たスクワランという成分です。

このように肌のバリア機能を高める為には、3大保湿因子を継続的にしっかり自分の肌に補うことが重要です。アトピーを発症してから行うことももちろん大事ですが、予防という観点から考えて、赤ちゃんのうちから保湿剤を塗ることで、アトピーを発症するリスクを抑えることができますので、早めの保湿対策も非常に効果があると言えるのです。

外部LINK⇒みんなの肌潤糖 – アトピー肌の保湿対策
赤ちゃんの肌にも優しくなじむように作られたみんなの肌潤糖です。